windows10

MicrosoftからWindows10が2015年7月29日に公開されます。

次のWindows10はWindows7と似たデスクトップになっており、法人ユーザの利用も確実に増えていくと思われます。

Windows8/8.1はタブレットを意識した形になっており、法人ユーザからは不評でしたからね。

自宅で使用するパソコンでもWindows10への無料アップグレードが可能となっているので、Windows10を使用したい場合は事前に予約しておくのが良いでしょう。

スポンサードリンク

Windows10の無料アップグレード方法

気付く人は気付いているかもしれませんが、条件を満たしたパソコンの右下のアイコン通知エリアにWindowsのアイコンが自動的に表示されています。

2015-06-29_10h36_31これをダブルクリックすると、Windows10の無料アップグレードの予約申し込みが可能です。

もしもこの通知アイコンが表示されない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

Windows10アップグレードの通知アイコンが出ないときの対処方法

で、通知アイコンをダブルクリックすると以下のような画面が表示されます。

2015-06-12_14h28_50

この画面に表示されている「無料アップグレードの予約」というボタンをクリックするだけで予約が完了します。

予約後、以下のような画面が表示されますので、メールアドレスを登録しておくとWindows10がダウンロードされ、インストールの準備が完了した時点でメールで教えてもらえます。

2015-06-12_14h29_16

Windows Updateを開いてみると、Windows10の予約が完了していることが確認できます。

2015-06-29_10h51_41

あとはWindows10の公開日を待つだけです。

自動的にダウンロードされるので、アップグレードしたいときにインストールすればOKです。

Windows10に無料アップグレード可能なパソコン

mono-178Windows10への無料アップグレードが可能なパソコンは基本的に決まっています。今使っているパソコンが該当しているか確認しておきましょう。

 

  • 今使っているパソコンがWindows7 SP1、8、8.1のどれかであること
  • パソコンのハードディスクに3GB以上の空きがあること

WindowsXPのサポートが終了し、そのうち現在主流のWindows7や8も終息していきます。

新しいWindowsに変更することで気になるのが、インストールしているソフトは動くのか、今使っているプリンタ等の周辺機器はそのまま使えるのか、といったところが一般ユーザが特に気になるところだと思います。

余程古いソフトやプリンタでなければメーカの方で対応したドライバ等が公開されていくと思いますが、何年も昔のものの場合は対応できない可能性も考えられます。

後々のことを考えるとWindows10に変えておいた方が良いとは思いますが、Windows10へ無料でアップグレードできるのは、発売後1年間と縛りがあります。

アップグレードを予約する場合は、リスクを考えた上で申し込むようにしましょう。