windows10

こちらの記事でWindows10へ無料アップグレードするための方法をご紹介しましたが、パソコンの状況によってはこの右下のタスクバーに出てくる通知アイコンが出てこないことがあります。

管理人宅には2台のパソコンがあるのですが、1台は通知アイコンが出てきませんでした。

Windows10の予約をしたいけど、通知アイコンが出てこないので予約ができないというときに参考にしてもらえればと思います。

スポンサードリンク

Windows10へのアップグレードに必要な条件

Windows10へのアップグレードを予約するための通知アイコンを表示するには、特定の更新プログラムをインストールしている必要があります。

それが「kb3035583」という更新プログラムになります。

この更新プログラムがタスクバーにWindows10アップグレードの案内を通知してくれるものになります。

2015-06-29_10h36_31

これは普段日常からWindowsUpdateを適用していればおそらく勝手に適用されていると思いますが、パソコンによってはWindowsUpdateを無効にしていることもあるかと思います。

その場合は、Windows10へのアップグレードを予約したくてもアイコンが出てこない・・・という状況になります。

 

ではこの状況になったときにどうすれば良いかというと、ひたすらWindowsUpdateを何回も実行し続ける必要があります。

ずっとWindowsUpdateを無効にして使っていた場合、多くの更新プログラムがパソコンに適用されていないことが考えられます。

そのため、WindowsUpdateを実行してもkb3035583が中々適用されません。

実際、管理人のパソコンでもこの状況になったのですが、他のサイトに書いてあるようにはkb3035583が適用されず、5回ぐらいWindowsUpdateを実行し続けてやっと適用されました。

 

なので、Windows10のアップグレード予約がしたいのにできないというときは、まずは何回も何回もWindowsUpdateを実行してみてください。

WindowsUpdateでkb3035583が適用されているか確認する方法

kb3035583が適用されたかどうかは、通知アイコンが表示されればすぐにわかりますが、WindowsUpdateの履歴からも確認することができます。

WindowsUpdateのページの左下にある「インストールされた更新プログラム」をクリックしてください。

2015-07-14_13h49_41

今までWindowsUpdateによってインストールされた更新プログラムが表示されるので、そのリストの中にkb3035583があるかどうか確認してください。

2015-07-14_13h50_42

WindowsUpdate直後は通知アイコンが表示されないことがあるので、WindowsUpdate実行後は一度パソコンを再起動してから確認するようにしましょう。