朝起きた時に

    しまったぁぁぁー

    って経験ないですか?

    おそらくほとんどの方が経験していると思います。私も何度も経験しています。

    起きた時点で遅刻確定。

    学生の頃は「まあ、いいか」と思うこともあったけど、社会人ともなればそうはいきませんよね。

    どうしたら寝坊しなくなるのでしょうか?

    スポンサードリンク

    寝坊の原因を知る

    寝坊しないようにするには、寝坊の原因を知る必要があります。

    以下の事例に当てはまっていたら改善の余地がありますよ。

    1.生活習慣

    mono-60

    寝坊の最も大きな原因となるのが生活習慣です。

    例えば、

    • 頻繁に夜遅くまでテレビや映画を観たり、ゲームをやっている
    • 友人と夜更かしして遊ぶ日が多い
    • 徹夜で仕事や遊びをしている
    • 仕事が毎日のように遅くまである

    このような日常的に睡眠時間を削っていることが一番大きな理由です。

    要するに「寝る時間が遅い日が多い」ということです。

     

    夜更かしばかりしていると体内時計が狂ってしまうため、寝坊しやすくなってしまいます。

    改善する気になれば簡単に改善できることなので意識してみてくださいね。

    2.タバコやコーヒーなどの過剰摂取

    mono-58

    2つ目に挙げられるのがタバコやコーヒーなどの過剰摂取です。

    タバコは覚醒作用があるため寝る前の一服とかやっていると、睡眠の妨げになってしまいます。

    つまり、よく眠れなくなってしまうわけです。

     

    コーヒーをはじめとするカフェインを含む飲料を摂取し過ぎても睡眠の妨げになります

    コーヒー以外にはお茶やコーラといった飲料がこれに当たります。

     

    タバコもカフェインも趣向品ですが、取り過ぎには注意するようにしましょう。

    3.ストレスからくる不眠、睡眠不足

    sutoresu

    誰もが職場、学校、家庭など生活していく中ではストレスにさらされます。

    そういったストレスが溜まってしまうことで不眠症になってしまったり

    なかなか寝付けなくなってしまうこともあるようです。

     

    こういった症状は心の病に近いので改善するのが非常に難しいこともあります。

    適度に息抜きやストレス発散するように心がけましょう

    没頭できる趣味があれば、それを楽しむとストレス発散にピッタリですね。

    最後に

    生活習慣などを改善することでストレスの軽減にもつながっていくので、

    直ぐに改善できるところから考えていくのがオススメです。

    どれだけ頑張っても一向に改善されないようでしたら、思い切って心療内科などで

    診察してもらうのが一番いいですね。

     

    寝坊を改善して快適な日常生活を送るようにしていきましょう!