いつまでもしつこく送り続けてくる迷惑メール。こんなメールはそもそも受け取りたくないですよね。

    あなたの携帯やスマホでもしっかりと対策をしておくことで、迷惑メールを送られないように防御を強化することができます。

    自分の携帯は自分で守る必要があります

    スポンサードリンク

    メールアドレスを簡単に推測できないものにする

    迷惑メールは人間が手動で送っているわけではありません。パソコンなどでランダムにメールアドレスを作っていって片っ端から送信しているパターンもあります。

    この送り方であなたの携帯が対象に含まれないようにメールアドレスは簡単にヒットしないものにすることが効果的です。

     

    例えば、

    • 記号を使う
    • 文字数を多くする

    といった対策は最近では当たり前のように言われていますが、まだまだできていない人も多いようです。

    携帯のメールアドレスで使用可能な記号は

    • -(ハイフン)
    • _(アンダーバー)
    • .(ピリオド)

    が使うことができます。

    ただし、

    • 先頭は英数字
    • @の前に.(ピリオド)は使えない
    • ..のようにピリオドの連続使用はできない
    • 空白(スペース)は使えない

    といった制限もあります。

     

    文字数は20文字以上にすると迷惑メールが激減すると言われています。そのため、極力メールアドレスは長めのものにするようにしましょう。

    mono-83

    ※NTT docomo調べ

     

    最もセキュリティが強力なメールアドレスは、記号を複数含んだ20文字以上のメールアドレスということになります。

    怪しいメールには返信しない

    突然得体のしれないメールが届くだけでも怪しいのに、それに返信するということは、「私のメールアドレスは生きていますよ!」と宣言するようなものです。

    そうするとあなたのメールアドレスは色んな業者に回されてしまい、より一層迷惑メールの件数が増加してしまう恐れがあります。

    最近多いとされている手口が、

    「配信が不要の場合はこちらから返信してください」

    「迷惑メールに迷惑している方はこちらから連絡ください」

    などと書かれたメールです。

    こんなメールが届くと邪魔くさいのでついつい返信してしまいそうになりますが、これは罠なので無視してください。

    携帯メールアドレスはインターネット上に登録しない

    インターネットで色んなサイトにメールアドレスを登録している人って多いのですが、登録は本当に信頼できるところ以外には登録しない方がいいです

    サイトの登録画面で携帯メールアドレス登録が必須じゃない限りはメールアドレスを登録する必要はありません。

    携帯でもパソコンでもどちらでも登録できるときは、パソコンでフリーメールを取得した上でそのメールアドレスを登録するといいですね。(YahooメールやGmailなど)

    まとめ

    今回紹介した3つの方法をしっかりと使えば迷惑メールは滅多にこなくなります。逆に今回紹介した方法を守れなかったときは、メールアドレスはどこかの業者の手に渡ってしまったと思ってください。

    そうならないためにも迷惑メール対策はしっかりやってくださいね。