ここ最近、管理人のメールアドレスに自分自身からメールがポツポツと届くようになりました。自分自身からと言っても本当に自分でメールを送っているわけではありません。

何も予備知識が無い状態で自分自身からメールが届いたら・・・ちょっと怖いですよね。

こういうメールが届いたらどのように対処すればよいかご紹介します。

スポンサードリンク

自分自身から届いたメール

管理人はドコモのメールアドレスを持っており、今回はそのドコモメールに対して自分自身からメールが届いています。普通はFromはメールの送り主のメールアドレスか電話帳に登録している名前が表示されますが、ここに自分の名前が表示されています。Toも自分の名前です。

まさに自分自身からメールが届いたという状況です。

しかも何かファイルが添付されています。

Screenshot_20160708-090606

F26A12F0A2AE.docmというファイルです。何がなんだかわからないファイルですね。

ここで大事なのが、こういう怪しいメールは興味があっても絶対に添付ファイルはダウンロードしたり、解凍したり開いたりしないことが大切です

今回は1日で他にもメールが届いており、添付ファイルがZIP形式の圧縮ファイルのものもありました。

自分自身からメールがくるっていうのがポイントで知識が無い人であれば、絶対に気になるし、怖いと感じる人もいるでしょう。

で、ファイルを開いてしまうわけです。

 

絶対に良いことは無いので、怪しいメールは即削除するように心がけましょう!

もしも添付ファイルを開いたら・・・

044

万が一添付ファイルを開いてしまったらどうなるのか・・・気になりますね。

これは管理人もさすがにファイルを開いたりすることはできませんが、この手の手法はランサムウェアと呼ばれる悪質なウィルスの一種みたいなものです。

 

噛み砕いて簡単に説明すると、パソコンの中に入っている情報が盗まれ、パソコンの中のファイルが暗号化されます。そしてそれを元に戻したいなら金を払えといった要求をしてくるわけです。

パソコンが人質に取られて、身代金を要求されるような感じです。

今のところ攻撃の影響を受けるのはWindowsが入っているパソコンと言われているため、スマホで開いてしまってもおそらく感染せずに済みそうだとは言われていますが、こういう攻撃の技術は日々進歩していくので、安全第一を考えておきましょう

自分自身からのメールを受けたくないときは?

こういうメールが届き始める発端はインターネット上にメールアドレスを載せたり、入力したりすることでメールアドレスが攻撃者に見つかってしまうことで始まることが多いです。

インターネット上に登録するメールアドレスはフリーメール(gmal、Yahooメール等)にしておくと、問題が起きたときに切り離しやすいのでオススメです。

どうしてもこういうなりすましメールを受けたくないときは、残念ながらメールアドレスを変更するぐらいしか、有効な方法は無いと言われています。あとは評判の良いセキュリティソフトを導入し、常に最新にしておくのが自己防衛の手段として挙げられます。