今の時代、職種によりますが仕事でメールを使わないことは滅多にありません。

    特に入社したばかりのときってメールの書き方ってよくわからないんですよね。

    「この書き方でいいのかな?」

    「この表現は失礼にあたるのだろうか?」

    など、疑問に思うことも多いですよね。

    今回は使用頻度の高い「各位」についてまとめました。

    スポンサードリンク

    「各位」の使い方とは?

    mono-88

    ビジネスメールの出だしとしては、必ず「誰に向けてのメールなのか」を明確にしておくことが大事です。会社によっては、所属している部署や課で同じメールアドレスを使用していることもあります。

    そのため、読んでほしい相手をはっきりさせておくことが必要となるわけです。

     

    でも、メールの内容によっては多数の相手向けにメールを送る場面がやってきます。この場合は送り先に複数の会社が混ざっていて、送信相手を一人に絞れません。

    ひとつの会社に対して複数の会社で仕事をすることはよくあることです。

     

    こういうときには、メールの出だしは

    • 関係者各位
    • 関係各位

    といった書き方をしましょう。

    これは、「このメールが届いた人、みんなに向けてのメールですよ」という意味になります。

     

    例文

    —————————————-

    関係者各位

     

    いつもお世話になっております。

    ○○の(苗字)です。

    —————————————-

    各位は上司や目上の人に使っても大丈夫?

    各位のあて先に上司やお客様が含んでしまうこともよくあります。ここで失礼にならないようにということで「様」「殿」を付けてしまいがちです。

     

    ですが、

     

    関係者各位様

    関係各位殿

     

    という表現は間違いです。

    この「各位」には「相手への敬意」が含まれているので、上司やお客様へ向けて使用しても問題ありません。

    この「各位」の使い方は意外と上司や先輩でも間違った使い方をしている人は多いです。残念ながら私の勤めている会社にも間違っている上司がいます。プライドを傷つけそうで指摘しづらいので困りものです。(お客にメールの書き方も知らないのかと思われるのもまずいんですけどね・・・。)

    身近に間違った表現をしている同僚がいたときには、こっそり教えてあげてくださいね。