ある日突然物を食べていると「イタッ!!」となって気付く口内炎

口内炎ができたことがないという人はおそらくいないでしょう。できる場所によっては何か食べるたびに痛いし、腹が立ちますよね。

口内炎ができる原因がちゃんとあるので、原因を知った上でもうできないようにしていきたいところですね。

スポンサードリンク

 口内炎の原因とは?

0-24

一般的に言われている口内炎の原因としては、

傷が原因で口内炎になると言われています。

 

「は?口の中に傷なんか滅多にできないじゃん」

と思いましたか?

それができるんです。

 

何か食べているときに自分で自分の口の中をガッツリ噛んでしまって

 

「いてぇーーーっ!!」

 

ってなったことないですか?

・・・ありますよね?

 

このようにして口の中に傷ができてしまい、そこに口の中の雑菌やバイ菌などが入ってしまい口内炎になってしまうわけです。タバコのニコチンが原因で口内炎になる人もいますが、大半は傷によるものです。

口内炎にならないための予防

0-590-51

口内炎にならないようにするには、口の中を傷つけないように生活するのが効果的になります。焦ってものを噛んだり、固いものを食べるときにちょっと注意しておくようにしましょう。

もしも口の中を傷つけてしまったときのため、口の中はできるだけ清潔にしておくように心がけましょう。歯磨きうがいをしっかりとすることが大切ですね!

口内炎を治す方法

もしも口内炎になってしまったら、どのようにすれば治るでしょう?

口内炎は放置しておけば勝手に治りますよね

 

だけど、口内炎がある間は食事をするのも嫌になるぐらい痛いときもあります。できるだけ早く治すためのポイントをご紹介します。

口内炎の場合は、治すというよりも勝手に治るまでの痛みを軽減する方に重点を置いた方がいいです。最近ですと薬局などに口内炎向けの飲み薬(ビタミン剤)や塗り薬があるので、それを使うのがいいですね。

 

自宅で自力で対処するなら、

クエン酸水を飲むことが効果的と言われています。※クエン酸とは果物などに含まれている成分で、疲労回復や血液をサラサラにしてくれるありがたい成分のことです。

クエン酸は非常に効果が高いと言われているので、口内炎に困っているときに選択肢のひとつとして考えてみてくださいね。

 

ちなみに都市伝説か何かで

口内炎のできたとこに塩を塗る

という方法があります。

 

聞いたことありませんか?

これは間違ってもやらないでください。

stop

学生時代に実際にやったことがありますが、今まで感じたことのないような地獄の苦しみが待っています。たしかに一時的に痛みは引きました。

だけどこれって

痛すぎて麻痺してるだけ

 

だと思います。。。

なので、

塩よりはクエン酸ですよ!