iphone-kinkyusokuho

iPhoneで撮影した写真や動画のバックアップは取っていますか?

スマホが壊れたりしたときのために大事な写真や動画データはバックアップを取っておいたほうが良いと思います。バックアップ先はSDカードやiCloud、パソコンなど色々な手段があります。

iCloudはとても簡単にバックアップが取れるので便利ですが、容量が心もとないのですぐにいっぱいになってしまうこともあると思います。(お金をかければ容量は増やせます)

ここではiPhoneからWindows10のパソコンへ画像や動画データをコピーする方法をご紹介します。有料のソフトを使うという方法もありますが、こんなことにお金はかけたくないですよね?パソコンがある場合は無料でできるし、慣れると簡単なので是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

事前準備

まずパソコンの左下のスタートメニューをクリックし、「設定」をクリックしてください。

iphoneからwin10

Windowsの設定の中から「デバイス」をクリックしてください。

iphoneからwin10パソコン

 

次に左側のメニューから「自動再生」をクリックしてください。

iphoneからwin10パソコン

自動再生の中で赤枠内のように「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」が「オン」になっていることを確認してください。最初からオンになっている場合が大半ですが、オフになっていた場合はオンにしてください。

iphoneからwin10パソコン

ここまでで問題無ければ、iPhoneをライトニングケーブルやUSBケーブルでパソコンに接続したときにiPhoneをきちんと認識してくれます。

iPhoneとパソコンを接続

iPhoneとパソコンをライトニングケーブルやUSBケーブルで接続してください。接続するとiPhone側で以下のような画面が表示されるので「信頼」をタップしてください。

iphoneからパソコン

信頼をタップするとパスコード入力が求められるのでパスコードを入力してください。

iphoneからパソコン

iPhone側で「信頼」の操作が完了するとパソコンがiPhoneを認識し、パソコン側のデバイスとドライブにもiPhoneが表示されます。

iphoneからwin10パソコン

パソコンがiPhoneを認識しない場合

ここまでやってみてパソコンがiPhoneを認識しない場合は、以下の操作を試してみてください。

  • iPhone~パソコン間のケーブルを抜き差ししてみる
  • iPhone本体を再起動してみる
  • パソコン側でiTunesを最新にアップデートする

大体これらの操作をすることでパソコンがiPhoneを認識するようになってくれます。理由は明確ではありませんが、WindowsOSとappleとの相性があまり良くないことが影響してる可能性がありそうです。

スポンサードリンク


画像とビデオのインポートを実施する

続いて表示されたiPhoneのアイコンを右クリックし、「画像とビデオのインポート」をクリックしてください。

iphoneからwin10パソコン

パソコンがiPhoneの中のデータを検索してくれ、画像や動画の数が表示されます。ここで左下の「その他のオプション」をクリックしてください。

iphoneからwin10パソコン

その他のオプションをクリックすると、以下のようにインポート設定が表示されます。バックアップする写真や動画のインポート先(コピー先)を編集することができます。作成するフォルダ名やファイル名もここで指定することができます。

例えば、デスクトップに「バックアップ-2018」というフォルダを作成しておいて、画像のインポート先とビデオのインポート先をこのフォルダに指定するとバックアップしたファイルを全てひとつのフォルダにコピーすることができます。

iphoneからwin10

インポート設定で「OK」をクリックすると先程の以下の画面に戻ります。「次へ」をクリックしてください。

iphoneからwin10パソコン

次の画面では「インポートするグループを選択してください」と表示されています。iPhoneの中では画像や動画が自動的にグループ分けされています。標準だと日付毎になっていると思います。

ここは「バックアップとしてコピーしたいグループを選択してください」という意味です。必要に応じてバックアップを取りたいグループにチェックを入れてください。

選択せずに全てをバックアップしたい場合は「すべて選択」にチェックを入れてください。

選択したら「インポート」をクリックしてください。

iphoneからwin10パソコン

以上でiPhoneの写真や動画等のデータをOSがWindows10のパソコンへコピーが完了となります。

インポートを使わずにデータをバックアップする

おまけですが、インポート機能を使わなくてもiPhoneのデータをパソコンへ送ることはできます。本記事の方法でパソコンがiPhoneを認識している状態までは進めてください。

ここでiPhoneのアイコンをダブルクリックしてください。

iphoneからwin10パソコン

次に「Internal Storage」というアイコンが出て来るのでもう一度ダブルクリックして開いてください。

iPhoneからパソコンへコピー

次に「DCIM」というフォルダが出てくるので更にダブルクリックで開きます。

iPhoneからパソコンへコピー

そうすると「APPLE」や「CLOUD」といった名前の付いたフォルダが見つかります。利用環境で表示のされ方や表示されるアイコンは多少変化します。

APPLEは本体に保存されている画像や動画が入っており、CLOUDにはiCloudのデータになっています。

iPhoneからパソコンへコピー

このフォルダ内にはjpgやmp4等のデータがそのまま入っているので、バックアップを取りたいものだけコピーしてパソコン側のバックアップ先にコピーすることができます。

これだけでバックアップを取ることも可能です。

まとめ

iphone-windows

本記事の方法でiPhoneからパソコンへ写真画像や動画データを取り込むことができますが、念のためバックアップ先のフォルダの中身を見てみてデータが入っていることを確認しておきましょう。

本当に大事なデータはパソコンにコピーして終わりにせず、外付けのハードディスクやNAS(ネットワークハードディスク)などに保存しておくのがより安全で確実だと思います。

管理人はパソコンから外付けのハードディスクにバックアップを取るようにしてます。データが消えたら洒落にならないですからね。。