日本では安産祈願で戌の日に神社へ訪れ、お参りをするという風習があります。私も以前奥さんが妊娠しているときにはお参りに行きました。実際は戌の日であればいつでも大丈夫ですし、日にちにこだわらない人も中にはいます。

それとは逆に戌の日の中でも大安の日を目掛けてお参りする人もいます。戌の日についてまとめたので、安産祈願に行くときの参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

戌の日とは?

029

そもそも戌の日って何?って思いますよね。私も何のことやら全然知りませんでした。

戌の日とは、一度の出産でたくさんの子どもを産み、お産が軽い犬にあやかってお参りするようになったと言われています。

犬は干支でいうと11番目なので、12日毎に戌の日はやってきます。

 

戌の日のお参りは、本来は妊娠5ヶ月になった月の最初の戌の日にお参りすることをいいます。お参りするときには腹帯というサラシのような帯を巻いてお参りを受けるのが風習となっています。

ただし、地域によって風習が違うこともあります。

 

ちなみに私は札幌在住ですが腹帯は巻かずに神社に持っていき、目の前で帯に対して安産祈願の願掛けをする形式でした。

現在では戌の日であれば気にしない人もいますし、妊娠5ヶ月目であればOK!という人も。サラシじゃなくて、妊婦向けの市販の腹帯を持ってきている人もいましたね。

戌の日はどんな服装でいけばいいのか?

戌の日のお参り自体は神社で行いますが、服装は基本的に自由です

実際ほとんどの人が普段着で来ていました。中にはパパさんがスーツで来ている人もいましたが、特に浮くわけでもないのでスーツでも大丈夫です。

戌の日の同伴者ですが、これも厳格な決まりや習わしがあるわけではないので、誰と行っても大丈夫です。家族で来ている人、ご両親も一緒に来ている人、友達と来ている人、それぞれ違います。

大安 戌の日はいつ?

大安と戌の日が重なっている日は以下の通りです。

2014年

3月

4日(火)、16日()、28日(金)

7月

2日(水)、14日(月)、26日(

11月

23日(

12月

5日(金)、17日(水)

 

大安と戌の日が重なっている日は、神社もかなり混みあいますので、体調には気を付けてお参りに参加するようにしてください。(予想している以上に本当に混みます)

お腹のお子様のためにも安産祈願のお参りをしっかりしておきましょう!