3月3日は女の子の日、ひなまつりですね。

我が家も娘がいるので、雛人形を飾る予定です。うちの雛人形は奥さんが代々受け継いできた、歴史あるものらしいです。実際にやってみるとわかるのですが、雛人形ってどれをどこに置いていいかわからないんですよね^^;

奥さん曰く、正しい飾り方があるようです。

スポンサードリンク

雛人形の正しい飾り方

雛人形ってイメージでは誰もがこんな感じをイメージしますね。

正しい飾り方としては、上段左から順に

  • お内裏様、お雛様
  • 三人官女
  • 五人囃子
  • 右大臣、左大臣(向かって左が右大臣、右が左大臣です)
  • 仕丁(中段辺りにいる3人組です)

という順番に飾ります。

mono-27

※地域によってお内裏様とお雛様の配置が逆の場合もあります。

雛人形には説明書が付いているので備品はそれを見ればわかります。というか、見ないとわからないです。到底全ては覚えられないので・・・。

雛人形の意味

雛人形のそもそもの発祥は平安時代のお祓いの道具として使用されたのが最初です。当時の女の子がその人形に道具を持たせて遊んでいたと言われています。

その遊びのことを「ひいな遊び」と呼ばれていました。

その後、病気や怪我の身代わり人形として扱われるようになり、今では女の子が健康で美しく心豊かな女性に育っていき、幸せを得られるように家族の想いを込めた「お守り」となりました。

雛人形は誰が買うのが一般的なのか

雛人形は、そもそも嫁入り道具の雛型として贈ったという歴史もあるため、現在ではお嫁さんの実家から贈られることが多いです。

今では、夫婦自身で購入したり、可愛い孫のために両家で折半して購入したりとけっこう自由に用意しているパターンもあります。

厳格な決まりごとではないので、よく相談して決めていくのが一番ですね

雛人形を飾る時期はいつがいい?

主に立春(2月4日)頃に飾り始めるのが一般的です。そのため、それまでに雛人形を準備しておいて、大安・友引のようないい日に飾るのが良いとされています。

私はこの時期については全く知らなかったので、「ひなまつりまでに」という感じで準備してました^^;

今後は時期を考えて準備するようにしたいですね。

この記事を書いている時点ですでに過ぎていますが・・。

 

来年はしっかりやります^^