halloween

トリックオアトリート!

秋のイベントのひとつとしてハロウィンがありますね。日本では仮装したりして町内を回り、お菓子を貰う子どものイベントというイメージが強いですね。

実際、このハロウィンの由来、意味を知っている人って少ないんじゃないでしょうか?

「よくわからないけど、クリスマスみたいに海外でやってたお祭りでしょ」という認識をしていないでしょうか?

由来や意味を知っておくと、また違った楽しみができるので記憶の片隅にでも置いてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

ハロウィンの由来とは?

0-07

ハロウィンとは古代ケルト人が考えたお祭りと言われており、毎年決まって10月31日に農作物の秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う意味をもった意味を込めて行われていました。

この10月31日というのは、ハロウィンを始めたと言われるケルト人の1年の終わりが10月31日だというところに関わっています。

この1年の最後の日に死者の霊が家族を訪ねてくると言われており、それと同時に悪い魔女や悪霊(お化け)も出てくるために魔除けのたき火を焚いていたと言われています。

これに因んで魔女やお化けの仮装をし、かぼちゃをくり抜いた中にロウソクを灯すようになったのがそもそもの由来です

現代のハロウィン

0-04

現代では、このハロウィンというイベントは特にアメリカで盛り上がっており、今では宗教的な意味合いは無く、とにかく楽しむ傾向が強いイベントになっています。

日本でも海外でも同じようにかぼちゃを加工した「ジャック・オー・ランタン」を飾ったり、仮装して近所の家を訪問してお菓子を貰うという風習があります。

この家を訪問するときに言う言葉が「トリックオアトリート」ですね。日本語で言うと「お菓子をくれないと悪戯するぞ」という意味になります。日本では中々無いと思いますが、海外では本当に過激な悪戯をするケースもあるようです。

 

また、仮装する対象も特にアメリカの場合は、魔女やお化けだけではなく、ゾンビや狼男、吸血鬼などのホラー映画に出てきそうなものに仮装したりと、対象は幅広いです。

 

日本では子どものイベント色がまだまだ強いですが、そのうちアメリカのようにもっと大きなイベントになっていくかもしれませんね!

近所でハロウィンのイベントを毎年やっている場合は、お菓子を用意して子ども達を迎えてあげてくださいね!