あなたはお彼岸の時期って覚えてますか?

お盆って毎年8月13日~8月15日辺りで決まっている感じですが、お彼岸は毎年毎年時期がずれるのでわかりにくいんですよね。しかもお盆と同じように墓参りをするわけですが、お盆と何が違うんですかね?

違いも含めて確認しておきましょう。

スポンサードリンク

お彼岸の時期とは?

お彼岸の時期は「春分の日」「秋分の日」を中心とした前後3日間になります。

2014年のお彼岸の時期は、

春のお彼岸

3月18日(火):彼岸の入り

3月19日(水)

3月20日(木)

3月21日(金):春分の日(お中日)

3月22日(土)

3月23日(日)

3月24日(月):彼岸のあけ

 

秋のお彼岸

9月20日(土):彼岸の入り

9月21日(日)

9月22日(月)

9月23日(火):秋分の日(お中日)

9月24日(水)

9月25日(木)

9月26日(金):彼岸のあけ

 

春、秋のお彼岸の時期はこのようになっています。

お彼岸とお盆の違いとは?

お彼岸もお盆もお墓参りをするのは同じです。

お彼岸は彼岸の入りから六波羅蜜多の6つの修行(布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧)を6日間かけて、1日1つずつ修行を行い彼岸(あちらの世界:極楽浄土)に至るまでの期間を指します。

逆にお盆は年に一度、先祖の霊を迎えて「おもてなし」し、お送りすることを指します。同じお墓参りでも意味合いは全然違うことがわかるでしょうか。

お墓参りの方法自体は普通のお墓参りと変わりません。お線香をあげ、お供え物を供え、お墓を綺麗に掃除します。

最近ではお彼岸ではお墓参りをせずにお盆のみお墓参りをするということも多いようですが、ご先祖への感謝の気持ちを込めてお彼岸でもお墓参りをしてくださいね。