チーンっ!

    と一日に何回鼻をかんでもかんでも無限に鼻水が出続けて止まらない経験ってないですか?風邪を引いている時や花粉症のときなど、誰もが経験していると思います。一日にBOXティッシュを一箱丸ごと使いきる猛者も中にはいたりしますね。

    そもそもなんで鼻水って尽きることなく、無限にでるんでしょう?鼻水のメカニズムを追ってみましょう。

    スポンサードリンク

    鼻水のメカニズム

    鼻水は鼻が体内から細菌や埃を追い出す役割があります。鼻水の中には鼻粘膜から分泌される粘膜や鼻の中から排出される浸出液と呼ばれる液体が混ざり合って作られています。

    鼻水の色

    mono-88

    鼻水の色は黄色や、透明っぽい色や青色なんてのもあります。黄色は粘液が主成分の標準的な鼻水です。透明っぽい鼻水は浸出液が主成分となっており、サラサラとした感じで黄色い鼻水ほど粘りっ気もありません。

    青っ洟(あおっぱな)という単語を聞いたことがあると思いますが、これは緑がかった色の鼻水でタンパク質が不足しているときに出てくると言われています。

    鼻水が無限に出てくる理由とは?

    風邪や花粉症のときに鼻水が無限に出てくるときは、体調が思わしくないことが多いです。風邪のときはウイルスや細菌、花粉症のときであれば埃や花粉を身体の外に追い出すために活発に鼻水が分泌されます。

    これは身体が持っている免疫効果によるものなんですね。

    チーンっと鼻をかむということは、体外に鼻水とともにウイルスや細菌、埃や花粉などを排出する行為になるわけです。

    とはいえ、鼻水が無限に出てこられるとこっちも永遠に落ち着かないですよね・・。なんとか鼻水を控えめにする方法ってないんでしょうかね?

    鼻をかみ続ければ鼻の周りが痛くなってくるし、なんとかしたいとこです。