ついついボリボリ耳かき棒を耳に突っ込んでしまう人が多いですが、あなたはどうですか?耳掃除ってすごい気持ちいいから癖になりがちですよね!

ただし気持ちいいからって毎日のようにやっていると色々な問題を引き起こすことがあることをあなたはご存知でしょうか?

スポンサードリンク

最適な耳掃除の頻度

管理人も気持ちいいからと頻繁に耳掃除をやってしまうタイプです。そのため常に身近なところに耳かき棒が常備されています。

だけど、近くにあるせいでちょっとかゆいだけでも耳かき棒を手にしてしまう習慣が付いてしまいました。

 

実際は耳掃除の頻度は月に1回で十分と言われています。管理人が耳鼻科に行ったときにお医者さんに言われました。

毎日やる必要は全くない、むしろ棒を手にするなとまで言われてしまいました。。

 

それでも我慢できずにちょっとぐらいならいいかな・・・と、耳掃除をしてしまう自分がいるわけですね。

そのような生活を繰り返すことで管理人の耳に変化が現れました!

耳掃除をやりすぎるとどうなる?

耳掃除を頻繁にするような生活を送る日々。ある日、何もしていないのに耳に痛みを感じるようになったのです。さすがにやりすぎたかなと反省し、しばらくは耳掃除をしないように耐えることにしました。

だけど、一旦付いたクセというものはそう簡単に抜けるものでもなく気付いたらまたボリボリやってしまうわけです。

結局耳の痛みは引くことはなく、むしろ痛みが増してきたので耳鼻科に行くことに。

 

診断結果は

外耳炎

と診断されました。

外耳炎とは、手または耳かき棒の届く範囲でおきやすい耳が炎症を起こしてしまい痛みが出てくる現象のことです。

 

ここでさらなる厳重注意を受け、また耐える日々に突入しました。

大体1週間ぐらいで痛みは引き、何も気にせずに生活が送れるようになりました。今でも頻度は減ったものの3日に1回は耳掃除をしてしまいますね。。

 

耳掃除をやりすぎると管理人がなった外耳炎以外にも中耳炎になったり、耳かき棒が耳垢を奥の方に押してしまい耳の奥でくっついてしまって聞こえが悪くなってしまうこともあります。

 

耳の奥でくっついてしまうと、聞こえが悪いだけじゃなく、耳の奥の方でガサガサ耳垢が震える音が聞こえてくることもありました。これも耳掃除のやりすぎがもたらす問題点ですね。

耳掃除のコツ

耳掃除のコツとしては、

  • 1ヶ月に1回のペースにする
  • 耳掃除をやるとしても1cm以上は奥に突っ込まない
  • 時間はかけない

耳掃除の間隔が短ければ短いほど、何かしらの問題になる可能性が高くなってしまいます。できれば月1回、多くても3回ぐらいに留めておくことが大事になります。

耳垢自体は耳の奥には出てこないため、あんまり奥に突っ込んでも実はあまり意味がないんです。耳垢は1cmぐらいの位置にできやすいと言われています。

耳掃除に時間をかけすぎるとどうしても徐々に強く、深く耳かき棒を突っ込んでしまいがちです。耳にキズを付けないようにするために短時間でササササッと済ませるようにすることも大切です。

最後に

なんにしても、耳はあなたの身体の大事な一部です。病院にいかなければならないような事態にならないように気をつけて耳掃除をするように心がけましょう。