1歳未満の男の子には5月にひとつのイベントが待っています。

 

そう、初節句ですね!

女の子の場合は3月3日のひな祭りが初節句ですが、男の子の場合は5月5日のこどもの日が初節句に当たります。

女の子には雛人形や市松人形ですが、男の子ですと五月人形や兜飾りですね。

「これってそもそも誰が買うべき?」

両親?父方の親?母方の親?

スポンサードリンク

五月人形の由来・意味

まず五月人形の由来や意味をさらっとご紹介します。

 

五月人形は元々は男の子の立身出世を願うお祭りとして行われていました。簡単に言うと、「うちの子が立派な男子として出世できますように!」という願掛けのお祭りです。昔は10代から戦に参加していましたし、そういうことも関係していたんでしょうね。

その後、江戸時代中期ごろから男の子の誕生を祝って初節句が行われるようになり、これが今のお祝いに引き継がれたと考えられています。

 

五月人形は男の子の身代わり人形が発端です。子どもに降りかかるであろう厄(けが、病気等)を代わりに背負うのが役目です。子どもが健康にすくすくと育ってくれるようにという願いを込めて、五月人形を飾るようになったんですね。

役割的には女の子の市松人形と似ていますね。

五月人形の種類

五月人形というと、「人形」イメージするかもしれませんが、兜や鎧兜も五月人形です。

主に以下のような種類があります。

 

童心

mono-174

五月人形と聞くと、このような人形付きのものが真っ先に浮かぶかもしれませんね。他にも金太郎、桃太郎、牛若丸のような「強い男の子」の人形も有名です。

 

mono-172

このような兜飾りもよく時期になると目にしますね。人形に比べるとやはりかっこいいので、人気が非常に高いです。戦国武将の兜をモチーフとしてものも多数売られているので、伊達正宗、上杉謙信、織田信長のような有名武将の兜は特に人気ですね。

 

鎧兜

mono-173

鎧兜は戦国武将をそのまま再現したかのような佇まいで、かなりかっこいいです。その分お値段は高い傾向がありますが、こちらも人気ジャンルです。

五月人形を買うのは誰?

では、五月人形は誰が買うべきなのかということですが、古来の流れでは「お父さんの親」が用意するのが通例です。

なのですが、最近では「お母さんの親」が用意するというケースも普通にありますし、厳格な決まりはほとんど薄れてきています。

 

であれば、両家の親へ相談して決めるのがベストでしょう。地域差や金銭的な問題もあることもありますからね。

きちんと相談せずに「お父さんの親」で購入するということで進めていたら、「お母さんの親」から送られてきた…なんて事例もあるみたいですよ。

あくまで主役は子どもです。

誰が買うということでゴタゴタしないようにしたいところですね。

お父さんの五月人形を引き継ぐのは有り?無し?

ちなみにお父さんが既に五月人形を持っている場合もあるでしょう。

 

「これを引き継げばいいんじゃね?」

 

と、思うかもしれませんが、これはNGなんですよ^^;

 

五月人形は1人1体です。

昔お父さんがもらった五月人形はお父さんのための五月人形なんです。子どもには子ども専用の五月人形を用意してあげてくださいね。

また、男の子3人兄弟というご家庭の場合は、五月人形が3体必要になるわけです。3体はさすがに…という家庭も多く、その場合は小さめのものにしたりすることが多いようです。

大切な子どものことなので、よく相談して検討してくださいね!