暑い季節には犬も人間と同じように夏バテになります。

犬だから大丈夫でしょ!とはいきませんので、あなたの愛犬のためにも犬の夏バテ対策やどんな症状があるのか認識しておきましょう。

スポンサードリンク

犬の夏バテの症状

055a520d

犬の夏バテは熱中症と症状が似ているようでちょっと違います。熱中症の場合は症状が重めで一気に突然悪化することが多いですが、夏バテの場合は、徐々に症状が現れてきます。

愛犬の体調変化のサインを見逃さないようにしてくださいね。

  • 食欲が無い
  • 元気がなく、動きたがらない
  • 呼んでもすぐに動かず、だるそうにしている
  • 下痢、便が軟い
  • 熱がある

よくある夏バテの症状としてはこのような症状が挙げられます。人間とそこまで症状が変わりませんね。このような症状が見られたら夏バテしている可能性があるので、悪化する前に対策をしてあげる必要があります。

犬の夏バテ対策とは?

犬の夏バテ対策としては、

  • 水分をしっかり取る
  • 直射日光が当たらない涼しい場所を用意してあげる

この2点が特に重要です。

水分が不足していると脱水症状を引き起こすこともありますので、常に新鮮な水を飲めるようにしておくことが大切です。夏場は水も悪くなりやすいので、こまめに新鮮な水に換えてあげましょう。

 

屋内でも屋外でも日が当たらない休める場所を用意してあげてください。

室内飼いの場合だと、ゲージの中や家の中にアルミボードやジェルマットのような、愛犬が快適に休める場所を用意している飼い主さんが多いですね。このようなグッズはホームセンターやペット用品店で売っています。

外飼いの場合でも、犬小屋の向きや置き場所を日の辺り具合を考えて調節することが効果的ですね。

これって夏バテじゃないのでは・・・?と思ったら

ずっと夏バテだと勘違いしていて実は、熱中症や脱水症状になっていた・・・なんてこともあります。最悪命に関わることもあるので、「おかしいな」と感じたら、まずは獣医さんに診てもらうようにしましょう。

何事も早期発見が一番ですから。

これって脱水症状かも・・・

  • 背中をつまんでみて、離すと元に戻るまで時間がかかる
  • 目や口が乾いている
  • オシッコを全然しない
  • 無気力でぐったりしている
  • 元気がない

こういう症状が確認できたときは、夏バテではなく脱水症状の疑いがあります。すぐに獣医さんに診てもらうようにしてください。水分を与えるときは一気にではなく、少しずつ与えてください。

要注意!熱中症の症状

  • ハアハアと苦しそうに呼吸をしたり、よだれを垂らしている
  • 嘔吐、下痢
  • 目や口の中の充血
  • けいれん
  • 吐血、血尿

このような症状が現れたときは、すぐに獣医さんのところに連れて行ってあげてください。最悪の場合。命を落としてしまうこともありますので。

mono-116

愛犬は大切な家族の一員ですよね?

うるさいときや言うことを聞かないこともあるかもしれませんが、居なくなると絶対に寂しいし、後悔します。子どもと同じように体調の変化にできるだけ早く察知してあげられるように接してあげるようにしてくださいね!