犬に牛乳は与えてはいけないといわれていますが、「本当にそうなの?」というのが正直な感想ですね。ドラマや映画でありがちな拾った子犬に牛乳を与えているシーンとかありましたよね?

そもそも、昔はみんな普通に犬にも牛乳を与えていた記憶もありますし。何故今では牛乳を犬に与えてはいけないのでしょう?

スポンサードリンク

牛乳の成分に注目!

牛乳と言えばカルシウムですね。人間も身長を伸ばしたいからと牛乳をいつもよりも飲んでいる子どももいますね!

牛乳にはカルシウム以外にも

  • 乳蛋白
  • 乳脂肪
  • ビタミン

といった、いかにも身体によさそうな成分がたっぷり含まれています。

 

犬に牛乳がNGな理由

mono-117

牛乳自体は犬に有害なものではありません。ただし、犬のお腹が緩くなり下痢をしてしまうことが多いんです。これって人間でもありますよね。

あなたも牛乳やヨーグルトのような乳製品を食べた後に猛烈にお腹が痛くなった経験は無いでしょうか?

それと同じで犬もお腹が緩くなってしまうわけです。

人間ならトイレに駆け込めば済む話ですが、犬の場合は処理をするのが人間になるわけで、犬がトイレを失敗でもしたら大惨事ですよね。そのため、犬には牛乳を与えない方がいいと言われているんです。

 

絶対にダメ!ということではないわけです。

 

人間と同じく牛乳を飲んでも全然平気な犬もいます。なので毎日じゃなくても、たまにご褒美に牛乳をあげるぐらいなら全然問題ありませんよ。

むしろ健康のためにも少しは与えた方が丈夫な犬に育ちます。

牛乳を与えたあとは、体調に変化が無いかは気にするようにしてあげましょう。犬用の牛乳も売っているので、それを与えるのもいいですね。