日差しの強い季節になると日焼けしてしまい、数日後に皮がカサカサになって剥けてきますよね。

    子どもの頃はペリペリと皮を剥いていったりしたものですね。そもそも、何故日焼けすると皮が剥けてしまうんでしょう?

    皮が剥けない方法ってあるのか調べてみました。

    スポンサードリンク

    日焼けで皮がむける原因とは?

    日焼けとは太陽の光に含まれる紫外線を身体のメラニンという物質が吸収することで肌が黒く日焼けしていきます。

    これは身体の中に紫外線が入り過ぎないように身体を守る機能のひとつなんですね。

     

    日焼けすることで皮がむけてしまう原因としては、このメラニンは関係なく、太陽の光を浴びることで皮膚の細胞が乾いてしまい死んでしまうことで皮がむけていきます。

    火傷をしたときに皮がむけてしまうのと同じということですね

    そのため日焼けのし過ぎは身体にはあまり良くないということがわかりますね。

    皮はむいちゃって大丈夫!?

    日焼けして皮がむけてくると、ついついむきたくなるところですが、自然に剥がれ落ちるのを待った方がいいです。

    皮がむけ始めているということは、新しい皮膚が出来始めている最中です。

    この段階で皮をむいてしまうと、やっと出来てきた新しい皮まで一緒にむいてしまうことがあります。

    あなたは日焼けして、皮をむいてヒリヒリしてしまったことはありませんか?

     

    これは新しい皮膚もむいてしまったために、皮膚の内部が露出してしまったためにヒリヒリするわけです。

    なので、むけはじめた皮は触らないようにしましょう。

    皮むけの対処方法とは?

    皮むけを出来る限り抑えるには、まずは日焼けして皮むけしないようにすることが第一です。

    つまり皮膚の細胞が太陽光でやられないようにする必要があります

     

    日焼けしそうな場所に行くときには、皮膚の水分を失わないように保湿させることが重要です。

    保湿クリームやジェルなどを身体や顔に塗っておいて、皮膚の水分を保つようにしておきましょう。

    日焼け止めの保湿クリームなどは少し厚めに塗るのがポイントです。

    耳の後ろや首の後ろなど、塗り忘れしやすい場所もお忘れなく。

     

    もしも、真っ赤に日焼けしてしまってヒリヒリするような状態になってしまったときには、まずは冷やすことが大切です。

    冷やすときは冷たい水に浸したタオルで十分です。火照っている状態が治まるまで冷やしておきましょう。