お子様が大きくなってくれば、「そろそろ自転車デビューかな~」と考えますよね。

初めての自転車を購入するときにどのような自転車を選ぶ良いかご紹介します。

今のお子様の最適な自転車選びに活用してくださいね。

スポンサードリンク

自転車のサイズの目安は?

038206

お子様が自転車にまたがってみて、つま先が地面に届くかぐらいが丁度良いサイズと言われています。

事故防止のために両足のつま先が地面に届くサイズを選ぶようにしてくださいね。

 

自転車のサイズはインチで表現されます。おおまかなサイズはインチサイズで判断できますね。

サイズ お子様の身長 対象年齢
12インチ 80~105cm 2~3歳
14インチ 90~111cm 3~5歳
16インチ 98~119cm 3~6歳
18インチ 103~125cm 4~8歳
20インチ 110~135cm 5~9歳
22インチ 116~146cm 6~11歳
24インチ 121~154cm 7歳以上

 

自転車選びのポイント その1 「BAAマーク」が適用されているか

最近では自転車安全基準に適合している、環境に配慮された素材で作られていることを証明するBAAマークというものがあります。(自転車協会制定の公式なマークです)

mono-121

大切なお子様が乗る自転車なので、安全に準拠した自転車を選んであげたいですね。

自転車選びのポイント その2 ブレーキはよく効くか

お子様の力でブレーキがしっかりとかかることは絶対に確認しましょう。

最近の自転車はお子様の力でもかかりやすい設計になっている自転車もあるので、そのような自転車を選ぶのもいいですね。

ヘルメットの着用について

038252

一昔前ではヘルメットを被って自転車に乗っている人なんてまずいなかった印象ですが、ここ最近では年齢問わず多くの人がヘルメットを着用していますね。

平成20年の道路交通法により、幼児、13歳未満の児童のヘルメット着用努力義務が適用されました。

保護者としてはお子様にヘルメットを着用するように努力する義務があるわけです。

自転車の死亡事故の半数以上が頭を強く打った影響によるものです。安全に自転車に乗るためにもヘルメットは着用するように教えてあげてください。

 

通学で自転車を許可されている学校でも、ヘルメットの着用は「必須」と決められている場合もあります。

地域によっては、「自転車に乗るときは必ずヘルメットを着用するように」と市区町村で罰則は無くても義務化しているところもありますね。

最後に

自転車は便利な乗り物ですが、最近の自転車ブームで非常にマナーの悪い大人が増えている悪い印象も増えつつあります。

お子様には「良いこと」「悪いこと」をしっかりと教えてあげることも教育として大切ですね。