婚約指輪とは男性から女性へ贈る指輪のことで、プロポーズのときなどに「結婚してください!」と渡す結婚記念品のことをいいます。エンゲージリングとも呼ばれていますね。

あなたも結婚したい彼女のためにどんな指輪にしたらいいのか考えていると思います。参考にしてもらえると幸いです。

スポンサードリンク

婚約指輪の平均価格とは?

婚約指輪と言っても指輪に付いている宝石によって価格はピンキリです。一番人気はやはりダイヤモンドですね。平均では0.3カラットぐらいのダイヤモンドが一番多く選ばれているようです。

婚約指輪の相場は約31万円程度となっています。

一時期は給料の3倍なんて時代もありましたが、今ではそんな指輪を選ぶ人は非常に少ないです。

婚約指輪にそこまでお金をかけるぐらいなら、生活のために家具にお金をかけた方がよっぽど現実的だと考える人が多いですね。

 

そもそも婚約指輪の価値は金額で決まるものじゃないですよね。金額が低いから納得しないような女性とは、結婚したとしても今後の夫婦生活が非常に心配です。

そういう女性は、

 

金額(見栄)>>>愛情

 

と考える女性の可能性が非常に高いですよね。ちゃんと常識をわきまえている女性なら、あなたが30万円もお金をかけるのが厳しいなら、あなたの収入に見合った指輪で十分喜んでもらえますよ!

最近では、婚約指輪を結婚後に夫婦で選びにいって、奥様の意見も取り入れつつ指輪を選ぶ人も多いですよ。

結婚指輪と婚約指輪の違いとは?

mono-118

婚約指輪の他に結婚指輪というものもありますね。この結婚指輪とはマリッジリングとも呼ばれている指輪で、結婚式の指輪の交換で使われるあの指輪のことです。一般的にシンプルで金やプラチナ製のものが多いですね。

こちらは平均10万円前後が相場と言われています。

基本的に日常生活の間、左の薬指にはめているのが結婚指輪です。

 

結婚指輪は夫婦にもよりますが、お互いにお金を出し合って購入することが多いですね。こちらも婚約指輪と同じように金額が高ければいいというわけでもないので、夫婦でしっかり相談して決めるのがいいでしょう。

一番大切なのは、結婚後の夫婦が楽しく幸せに暮らすことですから。

参考までに管理人の場合は、結婚指輪は1本8万円程度の指輪を購入しています。

婚約指輪は購入していないのですが、奥さんからは

「指輪よりも家具を!」

という希望もあって、家具や家電のちょっと良いものを購入しました。

 

結婚すれば、子どものことも考えるようになりますし、お金はいくらあっても足りませんからね。

家庭の先を見据えて決めていくのが一番大事ですよ!