お月見と言えば何をイメージできますか?

おそらくピラミッド型に詰まれたお月見団子にススキじゃないでしょうか。日本ではお馴染みの風習ですが、その由来や意味をご存じでしょうか。

今回は「十五夜」についてまとめたので、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

お月見とは

お月見とはそもそも、秋の実りや収穫に感謝するという意味が込められています。秋の満月に豊作を祈願し、お団子やススキにサトイモなどを供えるようになったのがお月見団子の由来です。(ススキには魔除けの意味という認識もあります)

お団子やススキは定番って感じがしますが、サトイモは意外でしたね。

十五夜の時期はいつ?

十五夜とは旧暦の8月15日のことを指します。旧暦で言われても全然ピンときませんが、現在の暦にすると全然時期がずれてきます。

ちなみに2014年の十五夜は9月8日になります。十五夜は中秋の名月なんて呼ばれ方もしていますね。

また、旧暦の9月13日を「十三夜」と言います。

十五夜は聞いたことがない人はいないでしょうが、十三夜って知らない人も多いでしょうね。(管理人も知りませんでした)

こちらも現在の暦にすると時期がずれます。現在ですと十三夜は10月6日になります。

 

昔は十五夜と十三夜の片方しか月を見ないことは縁起が悪いと言われていました。

このことを「片見月」といいます。片見月なんて単語もかなりマイナーですが、縁起が悪いと言われるとしっかりやりたくなるのが日本人ですね。

お月見団子はいつ食べる?

十五夜では15個の団子がピラミッド型に詰まれています。(十三夜の場合は13個です)このお月見団子はどのタイミングで食べたらいいのか判断に困りますね。気にしない方は適当に食べていると思いますが。。

実際は十五夜にお月見をしながら食べるのが正しい作法です。

農家でもなければ豊作を祈願したり、収穫に感謝するという機会もないのですが、ひとつの秋のイベントとしてご家族でお月見をし、おいしくお団子を食べるのもいいものですよ!