加齢臭って中年男性以上の年齢の人が多いようなイメージがあるけど、女性でも加齢臭が出ることってあるんです。

加齢臭の人の服と他の衣類を一緒に洗濯するとどうなるんでしょうか?

他の服にも臭いが移ってしまうのであれば困りますよね・・。

スポンサードリンク

加齢臭は他の衣類に移るのか?

加齢臭の人の服と他の衣類を一緒に洗濯するとどうなるか。

その方の臭いの強さにもよるんですが洗濯機に一緒に突っ込むと、他の衣類に臭いが移ることがあるんです。

加齢臭とは頭皮や皮膚などから出た脂質が酸化・分解されると発生するノネナールという臭いの物質が発生します。

この物質が中年期以降に増加しやすいため、「加齢臭」「オヤジ臭」という呼び名が誕生したんですね。

 

このノネナールが発生すると普段来ている衣服や枕カバーなどに臭いが付着してしまい染み込んでしまいます。

染み込んだ臭いは衣類の繊維の奥深くに入り込んでしまうため、洗濯しても中々臭いが落ちないことが多いです。

 

洗濯機に衣類をパンパンに詰めて回してしまうと、染み込んだ臭いが出てきてしまい他の衣類にも移ることもあります。

加齢臭を他の衣類に移らないための対策とは?

加齢臭は周りの人への影響も大きいので、気をつけたいですよね。

お子様の衣類に臭いが移ってしまうと、学校でクラスメイトに嫌な印象を与えてしまうことだって考えられますね。。

仮に小学生とかだと、「お前臭いから近寄るな!」みたいな心無い言葉をはっきりと言ってしまう子どもも中にはいますしね。

 

洗濯したときに他の衣類に臭いが移らないようにするための対策としては、

  • 使用する洗剤の量を多めにする(洗剤の箱の目安量を確認)
  • 洗濯機に詰め込みすぎない
  • お湯洗いする(お湯+洗剤+漂白剤)
  • 本人の加齢臭対策もする

などが一般的に行われている対策となっています。

 

お湯洗いとかは洗濯する側としては、手間だし面倒と思うこともあるでしょう。

まずは洗剤の量を変えてみたり、洗濯機に衣類を詰め込みすぎないようにするなどの手軽にできるところから始めてみるのがいいですよ!

加齢臭対策の石鹸というのが売っているので、本人にはそういった石鹸を使うようにしてもらい、加齢臭を極力抑えるようにしていくのも合わせてやっていくのもひとつの方法ですね。