「七五三」という単語は誰でも聞いたことがあるかと思います。

だけど、「いつやるの?」という問いかけに即答できるかといえば、そうでもないという方が多いですね。

あなたは七五三の意味や時期って知っていますか?

スポンサードリンク

七五三の時期とは?

七五三という名前からして、7月、5月、3月だ!というのは間違いです。七五三は一般的には11月15日に行われます。

七五三とは元は貴族の儀式が始まりと言われています。説が複数あるのですが、

 

A.

昔の二十八宿という暦上で11月の「鬼宿日(きしゅくにち)」と言われる鬼に邪魔されない吉日

B.

徳川綱吉の子である「徳松」の神尾気のお祝いが行われたのが11月15日だったため

C.

昔の暦である「霜月(11月)」の15日が秋の収穫を祝う「霜月祭」という祭りの日であり、この日に子どもの成長も祝ったため

 

など、どれもおめでたいお祝いを行ったことが始まりと言われています。今でも昔でも子どもの健康を願うお祝い事というスタンスは変わっていないということですね。

実際では、家族の仕事の都合も関わってくるため、必ず11月15日に行うのではなく、周辺の土日祝日に行うことが多いようです。寒い地域では11月はけっこう寒くなるので、早めにやってしまう傾向もあります。

七五三を祝う年齢は?

mono-85

七五三は子どもなら毎年祝うと言うわけではなく、子どもの成長の節目節目で行います。

これが7歳、5歳、3歳であるため、「七五三」と呼ばれるようになった由来です。七五三は性別でも祝う年齢が変わります。

  • 男の子 : 3歳、5歳
  • 女の子 : 3歳、7歳

となります。

年齢は早生まれ等のお子様の場合、いつやればいいのかわかりにくいと思いますが、一般的には「満年齢」で行われます。