ハヤシライスっておいしいですよね!

昔は学校の給食で出てくることも多かったですね。最近家の夕食でハヤシライスが出てきて、ふと思ったんですが「ハヤシライスの【ハヤシ】ってどういう意味なんだろう?」と。ハヤシライスの由来って知ってますか?

調べてみたのでご紹介していきます。

スポンサードリンク

ハヤシライスの由来とは?

ハヤシライスの由来として伝えられているものは主に3つあります。

つまり何が正しい由来なのかは誰も知らないということですね。

その1.ハッシュド説

ハッシュド(hashed)が細かく切るという意味です。この「ハッシュ」という言葉が訛っていって「ハヤシ」になったという説。

「ハッシュ」⇒「ハッシ」⇒「ハイシ」⇒「ハヤシ!

その2.早矢仕 有的 説

丸善という出版会社の創始者である早矢仕有的という方が作った料理に由来しているという説。この方は医師でもあったため患者向けの入院食、丸善社員向けの夜食、友人に向けた食事など様々な説があると言われています。

「早矢仕」⇒「ハヤシ!

その3.早死説

昔は牛や豚のような4足の肉を食べることは一般的ではありませんでした。そのため牛肉を使ったこんな料理を食べていると罰が当って「早死にする」と言われていました。

そこから

「早死」⇒「ハヤシ!

になったという説があります。

結論

残念なことに結局どれが本当の由来なのかがよくわかりませんね。。

スッキリしません。

個人的には「早矢仕 説」じゃないかと勝手に思っていますが。「早死説」は縁起が悪いので違うと信じたいとこです。それだと食べづらくなっちゃいますよね。