突然ですが炭酸飲料は好きですか?

私はコーラ大好きです!

 

あなたもコーラやサイダーのような炭酸水を飲んでいると歯や骨が溶けるという話を一度は聞いたことがありますよね?

でも明確な理由があってそういう風に言われているのか、ただの都市伝説なのか真実はわからないですよね。

実際のところ、ホントはどうなんでしょう?

スポンサードリンク

 炭酸飲料と骨の関係性

あなたは「炭酸飲料は骨や歯が溶けるから止めなさい!」と親に注意されたことはないでしょうか?

炭酸飲料はホントに骨を溶かしてしまうのでしょうか?

よーく考えたらわかることなのですが、口に入ってきた飲み物って骨と直接触れることって無いですよね。口から入って喉を通って胃の中に流れていきますよね?

 

つまり炭酸飲料を飲むことによって骨を溶かすことはできないんです。直接触れなければ溶かしようがありませんね。歯の場合は口の中で炭酸飲料と接触しますが、飲むまでの短時間で歯が溶けるなんてことはまずありえないので大丈夫です。

結果的に炭酸のシュワシュワで歯や骨が溶けるということは無いということです。

 

ただし、炭酸飲料には糖分を多く含んでいるので、飲み過ぎれば糖分の影響で歯が溶けてしまうことはあります。といっても、極端に飲み過ぎている場合なので問題ないでしょう。(1日に2リットルも3リットルも飲んでいる場合は注意した方がいいです)

「炭酸飲料は骨が溶ける」の始まりは?

炭酸飲料で骨が溶けることは基本的には無いというのはわかったかと思います。じゃあ、なんで「炭酸飲料を飲んでいると骨が溶ける」なんて話が世の中に広まってしまったのでしょう?

ことの始まりは不明とされていますが、親が子どもに炭酸飲料を飲み過ぎないようにするために言い始めたのが最初じゃないかと言われています。炭酸飲料は一見シュワシュワしているので、溶けそうに見えますからね。

 

実際、炭酸飲料にはかなりの量の糖分が含まれているし、飲み過ぎは身体によくないのは明らかです。子どもが大人になって糖尿病のような病気にならないようにと思って、言い始めたんでしょうね。