運転中にガソリンランプが点灯したときに「ギリギリなのはわかるけど、あとどれぐらい走れるの?」と疑問に思ったことってないですか?

運転していれば何十回、何百回と見ることになるガソリンランプだけど、ガス欠防止のためにも残り何リットルぐらいで、どれぐらい走れるかは把握しておきたいですよね。

スポンサードリンク

ガソリンランプが点灯するタイミング

ガソリンランプが点灯するタイミングとしては、概ね残り10リットルと言われています。

車によってガソリンタンクの上限は違いますが、大半の車が残り10リットルで点灯するようになっているようです。リッター何km走れるかによって残りどれぐらい走れるかは変わりますが、

大体

・ リッター10km走れる車なら残り約100km

・ リッター5kmの車なら残り約50km

こんな感じですね。

5kmは燃費が良い方ではないので、これぐらいを目安に考えておけばガス欠にならずに走ることができそうですね。ただし、この残り10リットルという目安はあくまで目安なので信用しすぎないように早めに給油するように心がけましょう。

車によってはガソリンランプ点灯後すぐに給油したところ、50リットルのタンク容量の車に45リットル給油できたという車もあります。

この場合、残り走れる距離がさきほどの目安の半分になってしまいます。

 

給油できるときにしておくということが、一番安心ですね。

ガス欠してしまうと、ロードサービスを呼んだりと小一時間以上は動けなくなってしまいます。家族で楽しいドライブ中に・・・ガス欠なんてことになると笑えませんね。

事前にあなたの車についてもしっかり確認しておくのも、ガス欠防止の第一歩ですよ!