日頃お世話になっている人への感謝の気持ちと末長いお付き合いをという気持ちを込めて贈るお中元ですが、あなたはいつごろ贈ればいいのかご存じでしょうか?

贈られた人は多少時期がズレても嫌がりはしないと思いますが、社会人のマナーとして適切な時期に贈るようにしたいですよね。

スポンサードリンク

お中元を贈る時期はいつがいい?

実際お中元をいつ贈ればいいのかですが、大きく分けて東日本と西日本で多少時期が異なります。

東日本では
7月初め~15日

西日本では
8月初め~15日

とされています。

最近では、地域を問わず7月初め~15日ぐらいに贈る形が一般的になってきています。

時期を過ぎてしまったら?

できれば遅れないようにしたいとこですが、もしもお中元の時期を過ぎてしまったら表書きを適切な文言に合わせて贈れば大丈夫ですよ。

8月6日までに贈るなら
暑中御伺

9月7日までに贈るなら
残暑御伺

と、「のし」に記載しましょう。

お中元で人気の商品とは?

お中元を贈ろうにも「何を贈ったらいいのかわからない」と思うかもしれませんね。一般的によく贈られているものやオススメの商品をご紹介するので参考にしてくださいね。

食べ物

食べ物は贈られた家族全員が満足できるし、邪魔にならないということで定番の人気です。素麺や冷麦のような麺類が多いですね。かなり日持ちするのが人気の理由です。

食べ物が傷みやすい時期なので、日持ちのする食べ物を選びましょう。

日用品

毎回物を贈られていると、どんどん溜まっていって邪魔になることもあるし、貰ったものなので処分に困る人もいます。

でかい置物とかは避けましょう。

日用品なら実用的なので嫌がられませんね。タオルや洗剤、最近では自分で選べるギフトブックも人気ですね。

ギフトカード

商品券だと金額が入っているので、失礼と感じる人もいます。金額が入っていないギフトカードや旅行券や宿泊券なら喜んでもらえますよ。

お中元の相場は?

お中元はいくらぐらいのものにすればいいのかですが、

会社の上司、お世話になった人:5,000円程度
知人:3,000円程度

が丁度いい金額と言われています。

あまりに金額が高いものを贈ると、逆に気を使わせてしまうので適度な金額に控えた方が無難です。

お中元のお返しはどうしたらいいの?

突然予想もしていない人からお中元が贈られてくることもありますね。お中元はお返しを必ず返さないといけないものではありません。

手紙で感謝の礼状を出すのが一般的ですね。親しい知人などであれば、電話やメールでもいいでしょう。

それでも自分からもお中元をお返しで贈りたいときは、貰った商品の半額程度のものにするようにしましょう。金額は合わせなくても大丈夫ですよ。